平泳ぎで腰痛になる原因かコレ!腰を痛めない平泳ぎの泳ぎ方教えます!!

平泳ぎ
スポンサーリンク

こんにちはコン助です!!

スイマー
スイマー

平泳ぎを泳ぐと腰が痛くなるんだ。

何が悪いんだろう?

コン助
コン助

平泳ぎで起きる腰痛の原因と対策を教えるよ!!

無理して泳いでいると慢性化して

平泳ぎだけでなくバタフライも

他の種目も泳げなくなる可能性もあるから

今のうちに改善させよう!!

スポンサーリンク

【この記事でわかること】

・平泳ぎの腰痛の原因

・平泳ぎの腰痛の対策

・見た目だけでマネをしないこと

のべ600人生徒を指導して来ました。
大人のクラスでは腰が元々痛い方をはじめ負担をかけず
しかし力強い平泳ぎを教えて来ました。
自分で考えることができるようになった子供たちは
世界水泳やオリンピックなどで見た
トップスイマーの泳ぎをマネして来るので
そこでのポイントを教えて来ました。

【平泳ぎの腰痛の原因】

腰の反り過ぎ

平泳ぎで腰を痛める原因は

上体を起こそうとするあまり腰を反り過ぎる点にあります。

 

トップスイマーが泳ぐ平泳ぎは

水面から腰が見えるくらい上体が起き上がり

高い位置から入水し高さのある立体的な泳ぎ方をします。

体の反動も使って泳ぐため推進力がありとても力強い泳ぎ方です。

反対に初心者やあまり泳げない人の平泳ぎは水面から顔が出るくらいの

平面的な泳ぎのいわゆるバカンス泳ぎです。

手と脚をだけをガチャガチャと動かすだけなので推進力は生まれません。

 

このトップスイマーの泳ぎ方をマネしようとすると

「上体を起こせばいいんだ」

腰を反らせて無理やり上体を起こそうとします。

見た目的には水面から上半身が浮き上がり立体的な平泳ぎに見えますが

見掛け倒しで実際はあまり進んでおらず

腰に負担がかかっているだけでなく

無駄に疲れる泳ぎをしていることになります。

『平泳ぎを泳いでいる時
意識的に上体を起こそうとしていませんか?』

 

正しい立体的な平泳ぎはプルを意識することで

自然と上体が起き上がります。

あなたが平泳ぎを泳いでいる時何を意識しているか振り返ってみましょう。

【平泳ぎの腰痛の対策】

①腰から頭まで一直線

腰から頭まで一直線を意識することで

腰の反り過ぎを防ぐことができます。

定規で測ったように完全にまっすぐでなくてOKです。

まったく腰が反らないわけではありません。

むしろ負担がない程度腰を反らせることは

逆に足が沈まないようにできるので大切でもあります。

ポイントは反らせ過ぎない点です。

 

②上ではなく斜め上を意識

立体的な平泳ぎには上体を起こすことがマストですが

上に向かって体を起こそうとすると腰を反らせるだけですので

前斜め上に向かうように意識しましょう。

斜め前に向かうことで入水しやすくより勢いのある泳ぎができます。

真上に体を起こすと入水までの距離が長くなり頭が遅れる原因になります。

頭と腕は同じ動きをします。
頭だけ先、腕だけ先ということはありません。

コン助
コン助

真上に上体を起こしても

頭が遅れないようにするには

強靭な背筋が必要だよ!!

③胸を突き出す

上体を起こす時は胸だけ突き出すようにしましょう。

胸だけ先行するイメージです。

胸を突き出すことで自然と斜め前に向かいます。

胸につられるように腕は自ずとついていきます。

【注意】
胸を張るではない!!
胸を突き出すと張るは似た表現ですが
胸を突き脱すのは前に動くのに対して
胸を張るは後退する動きです。
逆効果になるので要注意です。

 

④プルは体の前で行う

平泳ぎのプルはそこまで大きな推進力はありません。

だからといってガバーっと大きくかいてしまうと

その分テンポが遅れ上体を起こすのも困難になり

結果的にのっぺりとした平面的な平泳ぎになります。

平泳ぎのプルは体の前だけで見える範囲で行いましょう。

プルを体の前で行うとうつ伏せで肘を床に付くように勝手に体が起き上がります。

 

【見た目だけをマネをしないこと】

水泳に限らず上手な人のマネをすることはとても大切です。

しかし「なぜそうしているのか」目的を理解せず

カタチだけマネをすることは意味がなかったり

無駄になったり不調の原因にもなり得ます。

 

平泳ぎで水面から上体を起こしているのは

スマートなプルと反動を利用して体全体で泳ごうとしているためです。

この目的を理解せず見た目だけマネしても

思ったような結果が得られないでしょう。

 

トップスイマーの中には意図的に腰を反らせて

より反動を使って泳ぐ選手がいます。

彼らは十分な背筋と柔軟な腰があり

それを自分の特性と理解しているからこそできる泳ぎ方です。

トップスイマーでさえ無理やり腰を反らせて泳げば負傷してしまいます。

特殊な泳ぎ方をしている選手は参考程度にしておきましょう。

 

【平泳ぎで腰痛になる原因の対策まとめ】

〈原因〉
上体を起こそうと腰を反らし過ぎている

〈対策〉
①腰から頭まで一直線
②上ではなく斜め上を意識
③胸を突き出す
④プルは体の前で行う

どうしてもトップスイマーは上体が高く上がっているので

マネしようとすると腰を反らせてしまいます。

上体が起き上がっている理由を理解し

見た目だけ体が起き上がらないように注意しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました