【短期水泳教室に行ってはいけない!!】その理由とは?

短期水泳教室 その他ポイント
短期水泳教室
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
コン助

■水泳歴 30年 ( S1 : 400Ⅿ・200M個人メドレー )
■コーチ歴 6年
■のべ 600人の生徒を指導
■バタフライの指導が得意
■あらゆる視点から『水泳』情報を発信します

コン助をフォローする

こんにちはコン助です!!

スイマー
スイマー

え?短期水泳教室って行っちゃダメなの?

前回、効果がある人もいるって言ってたのに

行かない方がいいの?

どういうこと?

コン助
コン助

総合的に判断して

「行ってはいけない!!」というのが

元コーチの意見かな!!

まったくもって無駄というわけでもないけど

もっといい方法があるというのと

短期水泳教室からスイミングスクールに入会した場合

そのギャップに嫌になりやめてしまい

水泳自体が好きじゃなくなってしまう

これが一番伝いから水泳教室に行かないでほしんだ!!

スポンサーリンク

【この記事でわかること】

・短期水泳教室に行ってはいけない理由

・短期水泳教室よりも見学、もしくは体験しよう!!

【短期水泳教室に行ってはいけない理由】

①水泳が好きじゃなくなる!!

ずっと水泳をやってきた僕としては

やはり水泳が嫌いになってしまうことほど

悲しいことはありません。

 

短期水泳教室は入会してもらうために行います

つまりお子さんにどれだけ「水泳は楽しい!!」と

思わせることが重要になって来ます。

そのために練習の終わりには遊びの時間として

大きなビート板を使ってお船さんごっこをしたり

抱っこしてプールに投げ飛ばしたり

コーチも面白おかしくテンション高めに頑張ったりします。

水泳を楽しいと思ってもらうことは決して悪いことではありませんが

楽しさというのは与えてもらうのではなく

自分で見つけて行くものです。

 

水泳の楽しさは

できなかったことができるようになったり

タイムが1秒速くなったり

目標を達成したり

大会に出て色んなライバルを見たり

水の中を自由に泳いだり

水泳を通して日常生活で活かせることを見つけたり

「楽しさ=遊び」ではないのです。

水泳はエンターテイメントではないですからね。

 

短期水泳教室で面白いコーチに出会って

楽しく遊ぶことができて

「水泳って楽しいな!!」

「スイミングスクールに通いたい!!」

そう思っていざスクールに入ると

スクールは楽しく行うこともありますが

あくまでもスクールであり

求められるのは水泳の習得です。

そうなると遊んでばかりもいられませんし

規律を守って厳しくしなければならないことも

辛い練習をして体を鍛えることも必要です。

この現実に直面し「思っていたのとは違う。。。」と感じ

嫌になって辞めてしまいます

 

これが水泳をやって来た者として

コーチとしてもとても悲しいことです。

 

だからこそ楽しさ重視で入会目的の短期水泳教室には

行かないでいただきたいのです。

これが短期水泳教室をやって来た元コーチの本音です。

 

②本質の違い

短期水泳教室は泳げるようにすることが目的ではなく

会員数を増やすための集客イベントです。

これをきっかけにスイミングスクールに

申し込んでもらうことを目的としています。

もちろん水泳指導はしますが

短期間で成長することは正直難しいです。

スイミングスクールは

「スクール」とはいえサービス業であり一会社なんです。

つまり会社である以上、利益を生まなければなりません。

経営戦略の1つとして短期水泳教室が行われています。

会員が増えれば利益も出て

お子さんももちろん泳げるようになり

WIN-WINにはなりますが

短期水泳教室自体に水泳の習得の意味はとても薄いです。。。

 

②人数の多さ

短期水泳教室は1クラスの人数が多いです。

しかしコーチは多くても1クラスに2人。

そうなると全員に細やかに目を向けることは

難しく表面的な指導にならざるを得ません

やはり1人に割く時間が少なければレベルアップも難しくなります

 

③時間的にほとんど泳げない

初めての子が多いため

プールのルールや勝手を教えたりと

スムーズに行きません。

そして人数も多いとなると

実際に泳げるのは40分くらいでしょうか。

その中で順番があるので

水に入りはするもののほとんど泳ぐ時間はありません

 

④勧誘

入会してもらわないと

短期水泳教室をやった意味がないので

もちろん勧誘があります。

多くの場合、練習後に直接話したり

電話をかけたりして様子を伺います。

もちろん練習で困ったことや

不安なことが無いか確認する意味もありますが

入会してもらうための関係性作りでもあります。

お子さんや親御さんと親しい関係を築くのは

水泳を好きになってほしいからなのは間違いないですが

これがあるから勧誘しやすくなるのも事実です。

 

⑤朝が早い

短期水泳教室は通常営業の前に行うため

どうしても朝が早くなります。

それが数日続くので都合をつけるのもなかなか大変なものです。

 

⑥出費

短期水泳教室の相場は約5000円前後です。

高くても1万円は行かないです。

まったく水に顔付けられないお子さんであれば

お金を出して通わせる価値はありますが

多少泳げる場合はあまり意味はないので

ゴーグルを買ってあげてください!!

 

【短期水泳教室よりも見学、もしくは体験しよう!!】

スイミングスクールは人生においてもメリットたくさんのため

ぜひ通っていただきたいですが

短期水泳教室は無駄に遠回りし

場合によっては水泳が嫌いになってしまうリスクがあるため

おすすめしません。

そこで行っていただきたいのは

普段の練習の見学と、できれば体験練習です。

どこのスイミングスクールも入会数は増やしたいですから

見学や体験ができるようになっています。

 

<見学・体験のメリット>

①リアルな練習風景がわかる

前述した通り短期水泳教室はある種の見世物です。

普段からハイテンションで常に遊びの時間のある楽しい練習はしません。

だからこそ変な期待をしないために通常の練習を見ておく必要があります。

 

②目をかけてくれる

短期水泳教室は全員が体験者と言ってもいいでしょう。

だから一人に割く時間は少なくなります。

しかし通常の練習に体験に来る人は少なく

だからこそその子にたっぷりの時間を注いで練習をしてくれます

 

③アフターケアが抜群

体験の後は担当したコーチとお話できます。

お子さんの良いところや伸ばしたいところ

入会したらどんなクラスになるかなど話してくれます。

その時に不安なことを全部聞けます。

短期水泳教室ではお子さんと親御さんがごった返していて

コーチもいろんな人と話さなければならないため

ゆっくり話せません。

これは大きなメリットです。

 

④都合がつけやすい

スイミングスクールは平日は毎日

土曜日も行っているところもあり

時間も夕方以降と時間の都合がつけやすく

見学や体験の申し込みがしやすいです。

また、実際に通うそした曜日に見学もできるので

よりリアルに体験することができます。

 

⑤ほとんど場合無料

見学、体験はほとんどの場合無料です。

かかっても500円程度でしょう。

短期水泳教室だと数千円かかりますが無料で

しかも丁寧に見てくれるので断然見学の方がおすすめです!!

 

【短期水泳教室に行ってはいけない理由まとめ】

短期水泳教室はスクールへ誘導するための

楽しさ重視のイベントです。

安易に楽しいからとスイミングスクールに入ってしまうと

現実とのギャップに嫌になってしまうかもしれません。

 

本当に水泳を習わせるかお考えの場合は

見学や体験を申し込みましょう!!

手厚くサポートしてくれます。

 

スイミングスクールは多くを学べる場ですので

習い事はスイミングをおすすめしますが

下調べは短期水泳教室ではなく見学を選んでください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました